ころ

インスタグラムでご存じの方もいるかと思いますが、3月19日早朝、私たちの家族"ころ"が天国へ逝ってしまいました。
人間の年齢で14歳と2ヵ月、犬の年齢で74歳でした。
最近は体力の衰えや老化を感じることも多く、私自身覚悟をしているつもりでしたが・・・。
精神的なところを"ころ"に依存していた分あまりにも辛く悲しい別れとなってしまいました。
未だに"ころ"の死を受け入れられておりません。

 

ただ一点救いがあったのは家族全員で最後の時を過ごせたことです。
死の前日には大好きだった長女の膝の上に乗っていました。
天敵だった次女はいつもと変わらず"ころ"にちょっかいを出していました。
次女なりの愛情表現だったと思います。
妻は常に優しく言葉をかけてました。
最後は私の腕の中で旅立っていきました。
今は天国で痛みや苦しみから解放されていることを願うばかりです。

 

このブログやインスタにも度々登場していた"ころ"。
今はまだ書けませんが、心の整理がついたら、また"ころ"のことを書こうと思います。

 

 


犬好きの人のためにこんな言葉があります。

 

犬は小さな天使。
本気でそう思う。
彼らは無条件で愛し、すぐに許し、私たちが喜ぶことはなんでも進んでしてくれる真の友だち。
日々、犬はこうした性質を何度も見せる。
私たち人間はそれに慣れ親しんでしまっていて、その尊さを忘れてしまいがちになる。

 

Dogs are minor angels, and I don't mean that facetiously. They love unconditionally, forgive immediately, are the truest of friends, willing to do anything that makes us happy,etcetera. If we attributed some of  those qualities to a person we would say they are special. If they had ALL of them, we would call them angelic. But because it's "only" a dog,we dismiss them as sweet or funny but little more. However when you think about it, what are the things that we most like in another human being? Many times those qualities are seen in our dogs every single day-- we're just so used tothem that we pay no attention

 

Facebook

instagram 

Twitter 

良かったらフォローしてください。

 

profilephoto

アイコンクリックでホームページ

 

 

 

 

1